医療・

気になる医療・病気

「医療・福祉」に関連した情報を集めました。

 

■居眠りと病気
仕事中や会議中に突然、居眠りをして周りを驚かせる人が増えている。ナルコレプシー(居眠り病)を疑う必要がある。

 

■エコノミークラス症候群
飛行機や電車、バスなどに長時間座り続けていると血行障害により呼吸困難になる症状をエコノミークラス症候群という。

 

■ギラン・バレー症候群
ギラン・バレー症候群は、運動神経の障害のため、手や足に突然力が入らなくなるという10万人に1人の難病。

 

■注意欠陥・多動性障害
注意欠陥・多動性障害とは、多動性、不注意、衝動性を症状の特徴とする発達障害もしくは行動障害。ADHDと略され、最近関心が高まっている。

 

■小腸疾患とカプセル内視鏡
小腸は栄養を吸収する要の場所、小腸がなくては人間は生きてはいけません。小腸疾患の治療、検査に使われて話題となっているカプセル内視鏡を紹介します。

 

■ステロイド薬とテラコートリル軟膏
テラコートリル軟膏は赤くなったニキビなどの炎症による腫れや赤みをおさえ、かゆみや痛みをやわらげる薬で、ステロイド外用薬としては5群「弱い」に分類されている。副作用もあり、正しい使用として注意が必要だが大人ニキビにはとても効果のある薬。

 

■ドライアイと高速まばたき
ドライアイは、まばたきが減少したことが原因と考えられています。高速でまばたきをすることでドライアイを防止することが出来ます。

 

■ランナーズハイ
ランナーズハイ(Runners High)とは、マラソンなどで長時間走り続けるとモルヒネ同様の脳内麻薬が分泌されて気分が高揚してくる作用のこと。

 

■ナノ絆創膏
早稲田大学と防衛医科大学が共同でラップの1000分の1と世界一薄いナノ絆創膏を開発した。実用は3年後を目指し、腸や他臓器への応用や、乳がん手術の縫合後に張り付けて傷跡が残らない活用を研究する。

 

■ストックホルム症候群
ストックホルム症候群とは、犯人に捕らえられている状況で犯人と一時的に時間と場所を共有することで、自己保存の心理的影響により、犯人に対して同情または依存感情を抱くことを言う。

 

■メニエール病とは
メニエール病とは、フランスの医師プロスペル・メニエールにより報告された内耳の病気で、難聴と耳鳴りを繰り返す。相田翔子さんが罹患していたことを語った。

 

■もっと知りたい気になる病気
「もっと知りたい気になる病気」では、花粉症、うつ、ストレス、アレルギー、パソコン病などの現代病を中心に気になる病気を紹介します。

 

△もっと知りたい情報局♪トップへ

医療・病気関連エントリー

病院・クリニック
オススメの病院やクリニックを紹介します。