その他・用語

面白用語

「面白用語」に関連した情報を集めました。

 

ちょっと面白い雑学を集めてみた。

 

■もっと知りたい面白雑学
「もっと知りたい用語集」は、TV、新聞、雑誌などで見つけた良く分からない言葉や用語を自分なりにまとめた面白用語集です。

 

■六次の隔たり−6人以内の人間関係
「六次の隔たり」は、人は自分の知り合いを6人以上介すと世界中の人々と間接的な知り合いになれるという仮説。「六次の隔たり」を分かりやすく説明。

 

■初夢はいつ見る
正月に見る「初夢」はいつ見る夢が正解。良い夢を見るためのとっておきの方法とは、縁起の良い夢とは?

 

■秋霜烈日-検察官バッジ
秋霜烈日【しゅうそうれつじつ】は、検察官がつけるバッジの呼称で検察官のあるべき姿勢−厳正な職務と理想像を象徴しています。

 

■クラッシュ症候群の治療
クラッシュ症候群とは身体の一部が長時間押しつぶされ圧迫された後に解放されると様々な症状が発生する症候を言う。挫滅(ざめつ)症候群ともいう。

 

■視野狭窄 治療
視野狭窄(しやきょうさく)とは、視野が狭くなることで、視野狭窄の原因は緑内障、網膜剥離やヒステリーが考えられる。

 

■節分 恵方巻
節分には戸口に柊やイワシを付けたものを立て、豆まきをして鬼を家から追い払わう。また、恵方の方角を向いて恵方巻きを食べる。

 

■友愛数と完全数
映画『博士の愛した数式』で寺尾聰が扮した数学博士が友愛数の組220と284を家政婦に分かりやすく説明した数学用語。

 

■熊本城 一口城主
「一口城主」は、熊本城の復元資金を募るために行った熊本市の寄付制度で1口1万円で熊本城の城主になれる。

 

■ストスナ
ストスナとは、ストリートスナップのことで街を歩いているお洒落な若者をそのままの格好で撮影すること。

 

■お箸作法 マナー違反
嫌い箸、忌み箸、禁じ箸とは日本のお箸作法でマナー違反とされる禁じ手のこと。知らずに嫌い箸をしている人が多い。

 

■中国 旧正月
旧正月は、旧暦の正月のことで中国では旧暦の1月1日を「春節」、1月15日(日本では小正月と言う)を「元宵」として盛大にお祝いする。

 

■二十四節気
二十四節気とは、節分を基準に1年を24等分して約15日ごとに分けた季節のことで、意外と生活に密接しています。

 

■ウェブ3.0
インターネットの世界は、今後ウェブ2.0から3.0に変わろうとしている。ウェブ3.0になった場合のネット社会はどうなるのかをまとめた。

 

■ティッピングポイント
ティッピングポイント(TP)は、あるアイディアや流行もしくは社会的行動が、敷居を越えて一気に流れ出し、野火のように広がる劇的瞬間のこと。

 

■政府紙幣
政府紙幣とは、日本銀行券(日銀券)とは別に政府(財務省)が発行する紙幣でインフレ効果も円安効果があるが硬貨の使用失墜にも繋がる両刃の刃。

 

■紳士録 商法
紳士録の掲載をネタに恐喝、詐欺などをして金銭をだまし取る民暴事件(紳士録商法事件)が多発しているので紹介する。

 

■疑似個人情報
疑似個人情報とは、本物そっくりの個人情報のことで、大量の疑似個人情報の中に本物の個人情報を紛れ込ませて、万一の情報漏洩事故が起きても漏洩被害を最小限に抑えることが出来る。

 

■サイバークリーンセンター
サイバークリーンセンターは、ユーザーのコンピュータをボット被害から守りまた、ボットの駆除や再感染防止等の必要な情報を提供している。

 

■ユニバーサルサービス
ユニバーサルサービスとは、電話サービスを全国のどの世帯でも公平にかつ安定して利用できるサービスで加入電話、公衆電話や緊急通報のサービスがある。

 

■あびきとは
あびきとは気圧の急変が原因とされ、長崎湾で発生する30〜40分周期で海面が上下振動(副振動)のことを言う。

 

■ウィンドシアとは
ウィンドシアとは急激な風速や風向の変化のことで、風と風がぶつかる場所に発生する。この場所に航空機が入ると操縦が困難になる。

 

■カッパ捕獲許可証
カッパ捕獲許可証とは、岩手県遠野の常堅寺の近くを流れる小川、通称「カッパ淵」に住むカッパを捕獲するための許可証です。

 

■ヘリコプターペアレント
ヘリコプターペアレント (Helicopter parent) とは、アメリカで生まれた過保護、過干渉の親をさす言葉です。

 

■都市鉱山
「都市鉱山」とは、価値のある貴金属やレアメタルが家電製品や電子機器に多く含まれていて、都市部ではこれらの電化製品が大量に廃棄されている。この都市生活の中に埋もれた鉱山にたとえた言葉です。

 

■ポロロッカ
ポロロッカ(Pororoca)とは、アマゾン川を逆流する潮流のことで「高潮」のこと。流木や障害物が多量に流れてくる中、サーフィンをする人がいるのだから驚きである。

 

■森ガール
「森ガール」とは、森にいそうな女の子を指す言葉でSNSミクシー(mixi)のコミュニティが発祥で、現在35,000人以上が参加している。「森ガール」は、テレビや雑誌で多く採り上げられるようになり1つのファッションとして認知されつつあります。

 

■犯罪人名簿
「犯罪人名簿」を保管及び管理を各市区町村に義務づけする根拠となる規定は存在しないが、確かに犯罪人名簿は存在する。道路交通法等違反による裁判以外で、罰金以上の刑に処せられた者は犯罪人名簿に記載される。

 

■PRランチ
PRランチは、公共食堂(Public Restaurant)で食べるランチのことを言います。最近、各役所の食堂がワンコイン(500円)で美味しい食事が食べられると言うことで大人気になっています。

 

■半旗とは
「半旗(flag at half-staff、half-mast)」と言い、弔意を表すために旗竿の最上位より下に掲げた旗で、元々は船上での慣習として行われいたもの。

 

■若者にしか聞こえない音モスキート音
モスキート音は、若者にしか聞こえないある超高周波帯域のこと。元々お店などに長居したりたむろしたりする若者達を排除するために開発された「モスキート」という音響機器から広まった。

 

■クロソイド曲線
クロソイド曲線とは、緩和曲線の一種で車の速度を一定としハンドルを一定の角速度で回したときに車が描く軌跡である。

 

■デンティクルとは
デンティクルとは、象牙質の硬い歯の内側部分にできる結石のこと。このデンティクルが発生する原因は不明。米粒ほどの大きさで、デンティクルの治療は難しい。

 

■ホルモンヌとは
ホルモンヌとは、ホルモン焼きが好きな女の子達のことを呼ぶ言い方。ホルモンはコラーゲンたっぷりで低カロリーな低価格な美容効果満点な食材。

 

■歴女、歴ドルとは
戦国時代が好きな若い女性のことを「歴女」、歴史に詳しいアイドルのことを「歴ドル」と呼ばれる。最近の歴史指向の担い手は若い20代の女性。

 

■電池で走るエコ列車
JR東日本は、高速鉄道に世界でも初となる蓄電池で走るエコ列車の試験車両の開発に成功したと発表した。約1時間のフル充電を行えば、時速100キロで平地を50キロ走行することが可能。

 

■オバマ大統領を支えるプロンプター
テレプロンプターは米国の歴代・大統領が重要な施政方針演説などの際に使い始め、日本でも細川護熙元総理や麻生太郎元総理も重要な記者会見などで度々使用して話題となった。

 

■アラーム音の着メロ
インデックスは、携帯向けサイト「速報Musicサーチ」で、3種類の「究極の目覚まし音」の着信音配信を開始。有料コンテンツの利用料は、月額94円から。がっちりマンデーで紹介された。

 

■エケコ人形
エケコ人形は、南米ボリビアでアラシタというお祭りで売られる人形で、人形のほとんどがセラミック(陶器)で出来ている。小太りの口ひげを生やしているおじさん人形で、口を開けて笑っている。福を呼ぶ人形とされている。

 

■CAS冷凍で解凍後も新鮮
CASとは、「細胞は生きている」という英語の頭文字をとったもので、凍結しても細胞が破壊されずに、解凍後に鮮度が生き生きとよみがえることから名付けられている。

 

■魔法のペン、ガラスペン
日本人の器用な職人技が作った魔法のガラスペンは、最近その技術が認められイタリアの名門グッチ(Gucci)とのコラボが実現。

 

■兵馬俑(へいばよう)
兵馬俑(へいばよう)とは、古代中国で死者を埋葬する際に副葬された俑(人形)のうち、兵士及び馬をかたどったものを言う。

 

■ステルスマーケティング
ステルスマーケティングは略してステマと呼ばれ、宣伝と気づかれないように宣伝する手法のことをいう。

 

△もっと知りたい情報局♪トップへ